こんばんは!
Nina*です^^


 ※2018.02→2021.05更新
fullsizeoutput_17c6





わたしはもともと
ものすごく「怒り」が強かったので


「怒り」に向き合って居た時期が
とっても長く...


その後に「寂しさ」→「苦しさ」という
順番なのですが。




ちょっと先ほどね


 「そういえば、あの頃の寂しさって、どうやって乗り越えたんだろう?」


と思ったことがあって、
パラパラと過去のノートを見返してみたんです









そうしたら、 かなり興味深くて!!






「どうしよう...こんな気持ちのまま、乗り越えることができないかもしれない」

とか書いているんだけど^^:;




そうよね...
あの頃はあの頃で、
「もう、無理 って思っていたけれど...


ニナよ!!
ちゃんと乗り越えたよ!!


って...

そう、思わずには居られない。(笑)




* * *




でね。

そのズタボロの状態から
必死に自分で「自分」を支え...


そして、その後に、

「ほう!ほう!こうやって飛躍したのかー!」っていうのも、

ちゃんとノートに
残っていたんだけど...。




「落ちている・・・
トボトボという時は

これを思い出して

 
image



ぜったいに
一直線の進化は、ありえませんから

↑この波が、成長曲線です^^




* * *




全力で落ち込む…

全力で落ち込んで…

もう2度と這い上がることが
できないんじゃないかと思うほど
奈落の底まで、落ちて行く


その時間が
どれだけ過ぎてもいいの




そこまで

自分のことが大嫌いで
頭の中がぐちゃぐちゃで
すべてがイヤになって
誰とも話したくなくて
ソファから立ち上がれなくて
無表情で死にそうな自分になったとしても…


絶対、
元気なふりをしない

無理に行動したりしない


むくむく!って元気が湧いてくるまで
とことん「落ちてく自分」に付き合うの




断捨離とか、しなくていい
何かをしようと、しなくていい


ただ、湧いてくるまで
待つという…



それくらい
あなたの中の「無気力な自分」は、
あなたに、付き合って欲しいの





だから、
テレビを見たり

携帯を見たりするくらいなら







あなたは一回、『全力』で倒れてみた方がいい。




l201212300600
写真:Jeriff Cheng





そうそう。

『全力』で倒れてみた方がいい。









そこから

「あぁ、浮いてくるんだ!」っていう
経験を持っている人って









自分を信じることができるから



Nina*




※追記

セッションでよくこの話になるので
再UPしました!