こんばんは!
Nina*です^^


今日はね。。
あまり、元気がありません。。


なぜなら
久しぶりに行った  の練習で、
自分の歌声がひど過ぎたもんで。。




忙しさに
カマけて練習してないと

あっさり下手になっちゃうんだけどさ。。


ステージで歌う話はなかったことに。。なんて言われたら
困るーーーーー!!


ということで、
真面目に練習致します^^:;




o0300040111790430551




そうそう。

わたしにとって、ステージで歌うことは、
とっても無謀なことです。


わたしみたいな人が
本当にステージで歌っていいのか?



今日も思いました^^:;





でも、いつも思うのだけど。。


人って、無謀だと思うことにチャレンジすべきだよね


少なくとも、わたしはそう思って、
生きている。




* * *




前に、歌詞を書かないか?と言われたときも、
ある意味、無謀な挑戦だった。(→★)


趣味レベルで書いていたとはいえ

「わたし、歌詞書くの、すっごく得意です!」

なんて、ハッタリかましたりして。笑





でも、
あのハッタリがあったおかげで

わたしはとてもステキな体験ができた。




だから、

できるかできないかは置いといて

やります!って言っちゃうことって

すごく大事なことだと思うし、



基本的に、「怖いと思うことをどんどんやった方が、人生は豊かになる!」と思っているので


・怖いなぁー。。
・ムリだよー。。
・無謀だよー。。と思うこと


そういうことには、

どんどん挑戦していこう!と思っています^^





* * *




でもね。

もう少し掘り下げると、

わたしがどうして

「できるかできないかは置いといて、やります!」と

言えるようになったのかな、と考えると









それはきっと、

「カッコ悪い自分だって、いいじゃん!」って

思えるようになったから。




むかしはね、
カッコ悪い自分に
なりたくなかったの


いつも、
カッコいい自分でいたかった



物事をスムーズにこなせる人で
ありたかった



人前で恥をかくような...
そんなことは、できるだけ避けたかった





でも、そんな考えが変わったの


カッコ良く生きることやスマートに生きることって、全然、大事なことじゃない




そんなことよりも、

カッコ悪くたっていいよー!

恥をかいたって、わたしだけは味方だよー!って、

そんな風に思えるようになったから...




だから楽に、そして軽やかに

「挑戦すること」ができるようになったんだ。

これはすっごく、大きいよ 


Nina*